- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

レクサス IS F

静岡県掛川市からお越しのH様

人とは違う、オリジナリティ溢れる1台
レクサス・ISFのご入庫・コーティング施工のご紹介です。

シンプルに「かっこいい、、、」
ボンネットをはじめ様々なエアロパーツ、内装の変更、多種多様な電子機器、
まさに男心をくすぐる1台が入ってきました。


入庫前にご相談を頂いた際、特にヘッドライトが気になるとのことでした。
実際に拝見させて頂きますと、思った以上の痛みが見てとれました。
高級車であろうとも、状態が顕著に現れるのがヘッドライトです。
今回はボディコーティングと一緒にヘッドライトも同時施工致しました。

まず最初に取り掛かったのは、やはりヘッドライト。

300921-1.jpg

300921-2.jpg

表面のダメージだけに留まらず、過去に何か(クリア?)が塗られていたようで、
劣化と共にパリパリ剥がれている状態でした。

当店では、ボディコーティングコースとは別にヘッドライト専用のコースを設けており、
専用機材を用いて、このようなレンズ状態でありましてもご対応致しますのでご安心下さい。

とは言え、この症状は通常の痛み具合とは異なります。
何かが塗られいたことは間違いなさそうであり
こういったケースですと、
やってみないことには、「確実に綺麗になる」とは申し上げにくいのが本音であります。

300921-3.jpg

無事に表面のダメージ層を除去し、
スッキリとしたクリアなライトが出来上がりました。 (内心ホッとしました。)
やはりヘッドライトはこうでなくはいけませんね。


次はボディの施工へと入ります。
ヘッドライトとは打って変わり、塗装状態は年式を考えると良好さが保たれている様子。
ただし、パールホワイトと言えば

”光の拡散が大きく塗装状態を確認するには困難なカラー”

確かに普段乗りとしてご使用になるには傷が見えづらくお手入れも楽なカラーと言えるでしょう。
しかし塗装を磨くとなればそうも言ってられません。
蛍光灯や従来の照明では、光が拡散してしまい見落とす可能性があるからです。


今回のようなボディカラーの場合も
一般的な照明下や外の光では隠れていた洗車傷や染み・クスミも
当店の高輝度LED照明にかかれば、逃げ場なし!

光が直線的に進むLEDの強い光量で確認しづらいパールカラーも
傷や雨染み、くすみ等ボディ表面の傷みを発見することが可能となるのです。

如何に研磨技術があろうとも、傷を確認出来なければどこまで磨けばいいのか判断が付きません。
当店自慢の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」も、
このような照明設備を併用することにより
初めてその技術力を発揮出来、より高いクオリティのご提供に繋がるものとなります。


塗装表面をしっかりと磨き上げた後は
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」でたっぷりと包み込みます。
緻密な塗装面へ染み渡り、3μm~4μmの高濃度なガラス被膜が形成され
下地処理により得られた輝きにさらなる深みと光沢、高い撥水性能による防汚性を付加致します。

300901-12.jpg


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
https://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


施工時期:
2018年9月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工