- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

マツダ アクセラスポーツXD

静岡市からお越しのS様

「匠塗 TAKUMINURI」の神髄を!
マツダ・アクセラスポーツXDのご入庫・コーティング施工が完了致しました。

革新的なデザインと抱負なパワートレインに魅力あふれるアクセラ。
さらにマニュアルミッション車の選択も出来てしまうあたりが
さすがマツダ!わかっていらっしゃる!とMT派の心をくすぐる感じが致します。

そんなクリーンディーゼル・マニュアル仕様がこちらのお車でございます。
スポーティな装いに軽快な走りを可能とするスカイアクティブテクロノジー。
これに走りと操る歓びをさらに感じるとなればマニュアル車の設定は面白い事間違いなしでしょう。

カラーの方は当店でも施工台数が非常に多いソウルレッドブレミアムメタリック(41V)です。
塗装の仕上がりに関してはひと手間加える事で劇的に輝きを増す色合いとなりますので
この特別塗装色にお乗りの方には是非当店のコーティングを堪能して頂きたいと思います。

※ソウルレッドプレミアムメタリックの塗装ボケについては下記ページにてご紹介致しております。
新車でも下地処理は必要?/新車の塗装ボケをクリアに

塗装の魅力を最大限に引き出す下地処理(磨き)においては
高度下地処理技術「Revolt Adjust System(リボルトアジャストシステム)」と呼ばれる、リボルトグループが実績・ノウハウを集約し確立した独自の研磨技術を用いた施工を致します。

一般的な磨き方とは異なり塗装への負担を減らし、なおかつ塗装本来の艶・輝きを引き出す事が出来る、画期的で全く新しい研磨技術と言っても過言ではございません。

この研磨技術により下地処理を進めていきますと、新車のボディもより一層の輝きが生まれ
同時に平滑化された塗装面はコーティングの定着にも理想の下地として完成されます。

ここに低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」をたっぷりと塗布し、
完成されたボディをガッチリとしたガラス被膜で包み込みます。
下地処理技術と次世代型ガラスコーティング剤のコラボレーションにより、艶・光沢が飛躍的に向上し他を圧倒する1台が完成致します。

もちろん見た目の美だけを意識したガラスコーティングではなく、
硬度・耐久・防汚性能を兼ね備えたガラスコーティングとなり、
日頃のお手入れでは高い自浄洗浄能力も加わる事で洗車も大変し易くなるかと思います。

今後はセオリー通りの洗車を続けて頂き、この艶と輝きを楽しんで頂けますと幸いです。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2014年4月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工