- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ハーレーダビッドソン ソフテイルスタンダード

静岡市からお越しのH様

ハーレーダビッドソン・FXST ソフテイルスタンダード
のご入庫、バイクコーティング施工のご紹介です。

排ガス規制やバイク電動化が話題となっている近年のバイク業界。
車もそうですが、ガソリン車がほとんど残っていない・・・
そんな未来もそう遠くはないのかもしれませんね。

特にハーレーと言えば、
やっぱり重低音が鳴り響く鼓動感を思い浮かべますが
そういった楽しみ方も出来るうちに思いっきり楽しむ!これが一番ですね。

さて、
ご入庫頂きました車両は新古車と伺っておりましたが
ハーレーのソリッドブックならではの細かな傷の影響は比較的少ない印象。

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて
さらなる艶感を出すべく、丁寧に下地処理を行っていきました。

20210423-2.jpg

ブラックアウト化された近年のハーレーは
やっぱりカッコイイですし、
ツインカムまでのモデルで主流であったメッキパーツ主体のデザインと比べて
お手入れの点でも維持し易そうな印象です。

(私も1台ハーレーを所有しておりますが、メッキパーツのプツプツ腐食に悩まされることもしばしば・・・)

下地処理後は
ガラスコーティング「リボルト・プロ」を施工し、
カーボンファイバーヒーターにてじっくりと熱を加え、
コーティング剤の硬化を促進。
美しさとともに愛車を守ってくれることかと思います。

20210423-1.jpg


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


施工時期:
2021年2月
施工内容:
バイク ガラスコーティング