- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

スマート フォーフォー ブラバス

静岡市からお越しのM様

よりパワフル、そしてスポーティーに
スマート・フォーフォーブラバスのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

今回オーナーのM様より2台目のご依頼となりました。
いつも当店をご利用下さりありがとうございます。

初期洗浄後のお車の状態チェックでは、
ボディカラーがグレーMであったこともあり
小傷やシミ跡が目立ちにくく比較的良好な様子に感じました。
とは言え、
年数経過に伴うダメージの蓄積は否めません。


まずは窓ガラスから見てみましょう。
一見、シミの付着度合いは少なそうに見えるリアガラスです。
スポットライトなど光をしっかり当てますと
ウロコ状のシミ跡が浮き上がってきたのですが、
確認手段のひとつとして
水拭きでガラス面を拭いてみるのが一番わかりやすい確認方法になります。

一部のみ磨いた箇所と比較してみると
よりわかりやすいでしょうか。

20210403-20.jpg

20210403-22.jpg

付着していたシミ跡がハッキリと浮き上がってきてますね。
磨いた箇所についてはスッキリした仕上がりです。

市販の窓ガラス撥水剤を塗りこむだけでも
撥水効果は確かに得られますが、
ご自身で窓ガラスの撥水処理を行う際には
ボディ同様にガラス面の下地作りをしっかりと行うことがベストです。


次にボディ面をみてみましょう。
一番わかりやすかったのが天井面。

20210403-23.jpg

映り込む蛍光灯付近にはチラチラとシミ跡が見えますね。

外の光ではそこまで目立つものではありませんでしたが、
天井面だけでなく、同様のシミ跡が全体的に付着しておりましたので
これらをひとつずつ丁寧に処理していきました。

そうしていくことで
塗装がもつ本来の輝きを放ってくれるワケです。

20210403-24.jpg

==========================
塗装本来の美しさを最大限に引き出すのが下地処理であり
コーティング効果を最大限に引き出すのが下地処理である
==========================

どのコーティングにも言えることですが、

”下地処理を確実に行う”ことが、

「コーティング施工」という作業の中で

”最も重要な工程”です。

綺麗に見えていたボディも下地処理後にはその表情も一変!
一段と眩しい発色を放ち始めるのですから、
コーティング剤の性能を100%引き出す上でも
妥協してはいけない一番のポイントと言えるでしょう。

仕上げには低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」にてガッチリとボディを保護。
低分子構造により実現可能なガラス被膜特有の硬質な輝きをプラスし、
美しい塗装に更なるアクセントを加えることが出来たのではないでしょうか。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


施工時期:
2021年1月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工