- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ポルシェ パナメーラ

静岡県富士市からお越しのI様

ポルシェ初の4ドアセダン
パナメーラのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

全長5m級かつ全幅は1.9m以上にも及ぶ
ポルシェらしいスタイルのボディで存在感が際立つ1台。
パナメーラの施工は当店では初施工の車両となりました。

LSやSクラスも施工時はそのボディの大きさに
一般的なセダンとはやはり別物だな。と痛感されることが多くございますが
丸みのあるパネルの造形美に見惚れつつ手を進めていきますと
やはり一筋縄ではいかず、、、
当初の予定よりもお時間が掛かる作業となりました。

20190202-6.jpg

2014年式となる車両は
当初グルグルとした洗車傷が目立っており、
ジェットブラックメタリックの輝きが今ひとつ・・・。

新車時にコーティングで保護をしておくことが大事なのは
言うまでもありませんが、
年数が経過したあとに、「また新車のような輝きに!」と、
ご検討頂くのもコーティングの醍醐味であるかと思います。

リボルト独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は、
グループネットワークを生かし、様々なメーカー、様々な車種、新塗装などなど・・・
時代の流れにいち早く施工現場に反映できる点も魅力の1つです。

傷埋めや艶の付加をうたった市販コーティング溶剤も多くございますが、
コーティング被膜が定着する塗装面の下地作りがあってこそ
コーティング効果の耐久や性能がはじめて発揮出来ると言って良いでしょう。

塗装本来の美しさを最大限に引き出すのが下地処理であり、
コーティング効果を最大限に引き出すのが下地処理である。

下地処理の仕上がりこそが
最終的なコーティングクオリティにつながるものなんですね。


そして下地が整ったあとには
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」でボディを包み込みます。
濃度100%の濃厚なガラス被膜を形成するリボルトプロは、
その濃厚さゆえ、扱いにくく繊細な作業を要します。

そのため従来型コーティング剤に比べ施工にはお時間を要してしまいますが、
艶・光沢・優れた防汚性能を付加する事が可能です。
また非常に細かな分子構造となるガラス被膜は安定化に優れ、
3μm~4μmほどの厚みをもたらし膜厚をプラスへと導きます。

ジェットブラックメタリック特有の黒艶、
鏡面さも一層際立つ美しさに仕上がったかと思います。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


施工時期:
2019年2月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工