- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

アルファロメオ 159スポーツワゴン

静岡市からお越しのT様

キラリと光る、その個性。
アルファロメオ・159スポーツワゴンのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

当店では国内外問わず、多種多様なメーカーを施工させて頂いております。
その中でもアルファロメオの施工台数はどちらかといえば少ない方ですが
毎回注意するのはイタリア車ならではの「塗装質」。
塗装のクセと言いますか、仕上り具合にムラが見られるケースがあるんですね。
そのため、今回も培った経験を遺憾なく発揮しつつ施工を進めさせて頂きました。

さらにこちらのお車は中古車にてご購入されたばかりとの事。
 ・過去にどのような環境で保管されていたか
 ・販売店様で車両仕入れ時に磨きを行っているか
 ・各パネルの修復歴の有無
中古車の施工にあたっては、いくつかのポイントが挙げられます。

当店では作業開始前に膜厚量(塗装の厚さ)の計測を行います。
パッと見、何の問題も無さそうな状態でも
再塗装されている場合は、膜厚量が他パネルとは明らかに違う数値を示します。
如何に腕の良い塗装業者様でも膜厚量まではきっちり揃えてくるのはさすがに困難でしょう。

オリジナル塗装と再塗装箇所とでは
磨きを加えた際の手応え(硬さや傷取り具合)も異ってきます。
トラブルを未然に防ぐためにも

”施工前の事前チェック”

これは欠かせない要素というワケです。

300617-11.jpg

ポリッシャーを使い塗装を磨くだけでしたら、
なにも専門店に出さずとも誰にでも出来ます。

がしかし、

====================
磨きを最小限に抑え、どう仕上げていくのか
====================

計測機器や専用機材をもとに、
何百・何千台と磨いた経験からくる”車両状態に合わせた見極め”

そして、当店が得意とする高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を駆使し、プロ目線でお車にとって最善の仕上がりを目指していきます。


【する?しない?/施工時のマスキング】
ここでひとつマメ知識をご紹介。
時折、施工途中のお車を見たお客様から
「あまりマスキングをしないのですね」
と、ご質問を頂くことがあります。
 (※マスキング=上記写真のようなテープやビニール養生)

そうなんです。

意外と驚かれることがあるのですが
当店ではボディ全体を一気にマスキングで養生する方法は取っていないんです。

確かにマスキングテープを貼ることによって、
磨きに不必要な箇所を保護できるといったお考えはごもっとも。
ですが、マスキングテープは他のテープ類に比べ粘着力が弱めとなっているものの
その粘着成分は少なからず素材に対して悪影響を及ぼす場合があります。

マスキングテープを剥がした時、
 ・ゴムモールに変な跡が残った!
 ・浮いていた塗装部がパリっと剥がれてきた!

過去には保護を優先した余りに、苦い経験をしたこともありました。
全体をマスキングし、いかにも磨いてます!!
という雰囲気はプロっぽさと言いますか、見栄えは確かにいいのですが(笑)

当店ではマスキング箇所は必要最低限!
 ・テープ粘着力を事前に落としてからの貼り付け
 ・磨く箇所周辺のみを直前にマスキング
 ・磨き終えた箇所周辺はすぐに剥がす

こういった養生方法にて作業を行います。
最近はコストの影響からか、傷みやすいゴムモールを採用している車両が多い印象ですから
気を付けていきたいポイントの一つです。


そして完成した下地に、低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」でボディをたっぷりと包み込めば完成となります。

今回ご用命の「リボルト・プロ」コースでは、
ベースコートの硬化型ガラス被膜と緻密な3次元分子ガラス骨格・ケイ素レジンを用いたトップコートによるデュアルプロテクションを施します。

このトップコート層とベースコート層には、
UVA帯域の紫外線を可視光線緑帯域へ変換する紫外線蛍光剤
UVB帯域の紫外線を主に吸収し熱エネルギーに変換する紫外線吸収剤
を配合しており、年数経過とともに色褪せなど、
塗装に影響を及ぼす可能性がある紫外線を軽減する効果を付加しております。

272727aa.jpg

※左:紫外線対応トップコート 右:旧タイプトップコート

上記写真のように、最も地表に届くUVA帯域(目に見えない)の紫外線は色褪せに影響を及ぼす帯域から目に見える可視光線帯域へと変換されていく事となり、
赤や黄色といった原色に近いカラーには特におすすめです。

■特集記事【後悔しないコーティング選びの新基準】
待望の納車当日・・・〇〇〇との戦いはすでに始まっている


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
https://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


施工時期:
2018年6月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工カーフィルム