- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

BMW M5

静岡市からお越しのH様

BMWのハイパフォーマンスセダン
M5のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

どんなに程度の良い車両の場合でありましても、
ボディに蓄積される年数経過のダメージはどうしても避けられないものです。
ご入庫車両におきまして
お客様が最もお気にされておりましたのがやはりコレ。

ブラックカラーのウィークポイント

”洗車キズ”

グルグルとボディに刻まれた細かい線傷の数々に
せっかくのブラックカラーが白ボケを起こしてしまい
クッキリとした艶肌が損なわれておりました。

こちらを下地処理で本来の艶やかな黒さを
取り戻すべく作業を・・・
と、その前に。
まず真っ先に取り掛かりたいのが

欧州車特有のウィークポイント

”アルマイトモール”

M5ですとブラックアルマイトとなりますが、
こちらも通常のシルバー調のアルマイトモール同様に
特殊研磨にて除去作業が可能となります。

300202-22.jpg

300202-23.jpg

この箇所にダメージが見られたままですと
例えボディが美しい仕上がりに至ったとしても
何だか今ひとつ・・・なんてことになりかねません。

ボディにビシっとした引き締まり感を
もたらす重要なアクセントパーツ。
ボディコーティングには手を加えておきたい箇所の一つです。

300202-24.jpg

■施工ブログ紹介 【美観を取り戻したアルマイトモール達】
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/theme:molding


続いてボディ塗装も本来の艶を引き出す
独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」
にて塗装をクリアに仕上げていき、完成されたボディには
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」でガッチリとコーティング致しました。

低分子構造となるガラス溶剤は緻密な塗装面に食いつくアンカーの役目を果たし、
3~4μmものガラス被膜を形成致します。
これにより下地処理で輝きを引き出したボディに、より一層の艶が増し加わります。

300202-21.jpg

300202-20.jpg

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2018年2月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工