- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

レクサス LC500

静岡県沼津市からお越しのN様

最高峰ラグジュアリークーペ
レクサス・LC500のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

どの角度からも見る者を惹き付ける存在感。
ドライバーシートから背中に伝わる躍動感。

紛れもなく特別な1台であるオーラを纏い、
自然吸気5L・V8エンジンが奏でる咆哮に、心地良さを感じずにはいられません。

ボディコーティング「リボルト・プロ」、窓ガラス撥水加工、ホイールコーティング
のご用命、誠にありがとうございます。


【施工ポイントは、塗装を見極める目】
塗装自体は文句なしのレクサス品質ですから
 ・より艶やかに
 ・より平滑に
 ・コーティング定着に最適な状態に
今回の施工ポイントであり、
プラスαの下地作りに【施工者の目】が欠かせない要素となりました。

なにせ眩しい輝きを放つのは
ホワイトノーヴァガラスフレーク。

この塗装面を見る上で、
最も重要なのは専用照明を使いこなす

”角度”

これがカギとなってきます。

300123-20.jpg

「うわ・・・ボンネット大きすぎ・・・・」

心の中でそう呟きながら、

塗装を透かすように・・・

透かすように・・・

じっくりと、

斜めから塗装状態を確認していきます。


こちらのカラーに限らず、
ホワイトパール等の色合いは光が拡散し判断がしづらいため、
わずかスクラッチ傷などを見落とす恐れがあります。

当店が全照明にLEDを採用しているのは
光の拡散を抑え、LED特有の直線的な光線で
シャープな塗装面をクッキリと浮かび上がらせるためなのです。

専用照明で照らし、写真のように”斜めから見る”ことで
適切な下地処理のアプローチが可能となります。

■設備紹介【高輝度LED照明】

300123-21.jpg

また塗装の膜厚自体は、各パネル200μm前後の数値でたっぷりとした肉厚感。
このあたりもコーティング前の下地処理を加えていく上で
安心してアプローチが掛けられます。
(いやぁ~さすがレクサス!)

新車であっても、
最近は70μmを切ってくる塗膜量の車両もありますから
コーティング専門店の立場から申し上げますと、

「もう少し塗装を厚く塗ってー」

メーカー様に熱く要望したくなってしまうことも
ありますでしょうか・・・。

■参考ブログ記事 レクサスの塗装質はいつ見ても素晴らしい


適切な下地処理で塗装表面を仕上げたあとには
高濃度かつ高硬度、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」でたっぷりとボディを包み込みます。

低分子構造の「リボルト・プロ」は、
従来型のポリシラザラン・シロキサン・シランを主成分としたガラスコーティング剤と違い、
分子レベルが非常に細かな物となります。

分子レベルが小さい利点をイメージでお伝えしますと・・・

 ピンポン玉がぎっしり詰まっている箱
 パチンコ玉がぎっしり詰まっている箱

この二つの箱を比べた時、
隙間なく箱に詰まっているのは、どちらの箱だと思いますか?

小さいサイズのパチンコ玉を詰めた箱の方が
隙間が少なく、密度も増し、
箱一面にぎっしりと詰まっているイメージが湧くかと思います。

これと同じなんです。

緻密な塗装一面を低分子構造のガラス被膜が覆いますので、
安定化にも優れ3μm~4μm程の濃密な厚みを持ったガラス被膜を形成する事が出来ます。
「リボルトプロ」は硬度・耐久性・防汚性や艶・光沢に大変優れたコーティング剤となるのです。

300123-23.jpg

さらに、「リボルト・プロ」のメリットはこれだけではありません。
ボディにアクセントを加えるレンズやメッキ、バイザーなど
装飾パーツにもコーティング効果を付加することが可能です。

パネルを1枚ずつ、
パーツを1つずつ、

最高峰ラグジュアリークーペにプレミアムな輝きを加えるべく、
高濃度ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」の硬質な艶を増し加えていきました。

300123-22.jpg

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。
LC&LX

■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年9月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工