- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

レクサス LX570

静岡県沼津市からお越しのK様

世界を魅了する、別格のラグジュアリー
レクサス・LX570のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

トヨタ最上級SUVであるランクルの走破性能に、
5.7リッターもの大排気量V8エンジン。
プレミアムブランドならではの装備と豪華な内装品の品質。

ドライバーシートに乗り込み見渡す景色は、”まるで別世界”
こんな贅沢なSUVがあっていいのかと思えてしまう程。

プレミアムな1台にふさわしい、最高品質のガラスコーティングをお届けすべく、
ボディコーティング「リボルト・プロ」、窓ガラス撥水加工、ホイールコーティング
のフルセットにてご用命を頂きました。誠にありがとうございます。

291209-6.jpg

コーティング前の下地処理においては、”文句なしのレクサス品質”
塗装面の仕上がりの良さには毎回驚かされます。
塗膜量も200μm近くのたっぷりとした数値で、施工後の輝きが楽しみになってしまう程。

要となる下地作りでは
特殊なクリア塗装「セルフリストアリングコート」にも対応した、
高度下地処理技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム】にて仕上げていきました。

 ・眼には見えないレベルの塗装の凹凸をより滑らかに
 ・コーティング溶剤の安定した定着に最適な塗装状態へ

例え、新車納車直後であっても・・・
例え、レクサスのクオリティの高い塗装質であっても・・・

さらなるアクセントと
高耐久・高品質なコーティング効果を
 最・大・限! 
に発揮するためには欠かせない。

それが、”下地処理工程です”

291209-30.jpg

コーティング施工における工程中の7割近くはこの下地処理に時間を費やします。
つまり下地処理の良し悪しがコーティングそのものの良し悪しにつながると言っても過言ではありません。
そしてこの下地処理を支えるのがコーティング専門の「環境」・「設備」となります。

無駄な光を遮断した 「コーティング専門の環境・遮光空間」
そして傷を見極める 「大型高輝度LEDを含む全照明LED化」
当店ではコーティング専門店だからこそ実現可能なコーティング環境を整えております。


【コーティング施工をご検討されている方へ】
施工をご検討の際、
 ・どんなコーティング剤を使うのか?
 ・どの位の費用がかかるのか?
一番初めに気になる所かと思いますが、
まずはボディ塗装をしっかりと整える下地処理ができるのかどうかを見て頂きたいと思います。

しっかりした下地処理を行うには先に挙げました環境や設備が最低限必要な要素です。
ショップ選びの際には環境・設備面も是非ご参考下さい。(ガレージ・設備について)


291209-2.jpg

そして仕上げには
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」をたっぷりと塗布し、
完成されたボディをガッチリとしたガラス被膜で包み込みます。

”下地処理技術と次世代型ガラスコーティング剤のコラボレーション”

この両者が掛け合わさわる事で、
艶・光沢が飛躍的に向上し他を圧倒する1台が完成致します。

もちろん見た目の美だけを意識したガラスコーティングではなく、
硬度・耐久・防汚性能を兼ね備えたガラスコーティングとなり、
日頃のお手入れでは高い自浄洗浄能力も加わる事で洗車も大変し易くなるかと思います。


291209-21.jpg

BIG!なボディに似合う大口径のホイールにも
同時にガラスコーティング「リボルト・プロ」を使用したホイールコーティング施しております。
ホイールはブレーキダストや熱の影響など
過酷な状況下に置かれますから、
コーティング効果と合わせ、お手入れも継続して頂けますと幸いです。

■特集記事【ホイールを愛するあなたへ贈る】
撥水動画紹介/ホイールコーティング


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年9月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工