- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

アバルト 595 コンペティツィオーネ パフォーマンスパッケージ

静岡市からお越しのS様

国内限定100台の特別仕様車
アバルト595 Competizione Performance Package のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

595コンペティツィオーネの5速MT仕様をベースに、
スポーツ性をさらに引き上げたモデルとなるこちらの1台。
機械式LSDが搭載されたことで
595が持つ鋭い走行性能に”ピリッ”とさらなるスパイスが加わっているのは間違いないでしょう。

今回はボディ面においても、ワンランク上の味付けを加えるべく、
ボディコーティング「リボルト・プロ」、「窓ガラス撥水加工」、「ホイールコーティング」
のご用命を頂きました。誠にありがとうございます。

290924-6.jpg

随所に専用カラーが施された
Giallo Modena イエローのこちらのお車。

下地処理を進めていくほど、
鮮やかさがグングン際立っていく様子が見てとれました。


【鏡面仕上げの決め手は人の手で】
大量生産されるメーカーの工場ラインでは
塗装の最終仕上げにどうしても限界が生じます。
もちろん一般的な塗装品質としてみれば十分に綺麗と言えるわけですが、

”ここからもう一歩"

塗装が持っている本来の輝きを一段と引き上げ、
新車のボディも味わい深い美しい姿に作り上げるには
やはり、

=================
人の目で見て、人の手で仕上げていく
=================

これに勝るものはないかと思います。

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」
と呼ばれる研磨技術はリボルトグループ独自のノウハウを集約し、
最低限の磨きで最大限の輝きを引き出すために確立した塗装に優しい研磨技術です。
新車以上の輝きを引き出すとともに、ガラス被膜の定着に最適な下地へと作り込みます。

290924-11.jpg

仕上げには美しい姿を長く保つため、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」をたっぷりとコーティング。
高濃度溶剤となる「リボルト・プロ」は従来型のようなガラスコーティング剤と異なり、
常温状態で十分に硬化した被膜を形成出来ますが、

ここからさらに、、、

当店では安定した確実な被膜形成を目的に
カーボンファイバーヒーターによる硬化促進を行います。


従来の赤外線ヒーターは短波式・中波式と異なる波長のヒーターが一般的でありました。
それぞれのメリット・デメリットもある中、
コーティングの乾燥硬化に必要な要素をを挙げると下記の2点。

1)強力なエネルギーで効率的に素早い乾燥
2)塗装下部からパネル全体まで均一に乾燥

当店が採用しているカーボンファイバーヒーターは、
この両方の特徴をあわせもち、
熱源の安定した立ち上がりと均一な乾燥を可能とします。

290924-20.jpg

■特集記事【ガラス被膜・完全硬化促進】
短波と中波が決め手/最新型カーボンファイバーヒーター


ガラス被膜特有のしっとりとした艶・光沢は、
アバルト・595のコンパクトながらもグラマラスで流れるような美しいボディに
硬質な輝きを与えることが出来たのではないでしょうか。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年8月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工