- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

フェラーリ ディーノ246GT

静岡市からお越しのA様

遠くから近付く聞き慣れないエキゾースト音。

店先で停車したその車は、
世界が誇る芸術品と言っても過言ではない、
真っ赤に染まった低い車体。

一目見て、私が最初に発した言葉といえば

「えっ!?嘘だろ・・・・。」

半信半疑でお出迎えをしつつ、
まさかこの車の施工に携わる時が来るとは思いもしませんでした。

1960~70年代の歴史に残る1台。
フェラーリ・ディーノ246GTのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

290911-3.jpg

フェラーリ初のミッドシップとして登場し
創業者エンツォ・フェラーリの息子アルフレードの愛称から名付けられた、
"跳ね馬”のエンブレムを持たないフェラーリとして知られるディーノ。

長年共にしてきたと話すオーナー様は
全塗装でボディを一新され、その仕上げにとご用命を頂きました。

コーティング前の下地処理工程においては
非常に希少性の高いお車ですから、
さすがにいつも以上にポリッシャーを握る手に力が入りました。

そして、
たとえ新車であれ、、、
たとえ全塗装後の車両であれ、、、

”完璧な状態ではない”

という考えのもと、施工にあたります。
こればかりは、
正直、板金塗装職人様になんて失礼なことを・・・と、
毎回心が痛む所ではございますが、

”高品質をお客様にお届けするため”

鬼姑の如く、
塗装状態にキラリと目を光らせます。

私共はコーティングに特化したプロですから、
専門店ならではの塗装の美しさを引き出すノウハウがあるのです。
その一つが、

【塗装面の状態確認】

290911-20.jpg

290911-22.jpg

塗装面の状態をクッキリと映し出す照明設備は、コーティングには必須アイテム。
むしろこれがないと全く話になりません。
コーティングショップ選びにお悩みの際には塗装状態を確認できる
照明設備をしっかりと備えているかが、
第一の判断基準として見て頂くのがよろしいでしょう。
そして、次に

【下地処理技術】

290911-21.jpg

290911-23.jpg

塗装が持つ本来の美しさを最大限に引き出すのは、やはり磨き手の腕となります。
新車の塗装、経年した塗装、さらにはメーカーごとの塗装質の違い・・・
すべての車両がまったく同じはなく、
1台1台、その塗装に見合ったアプローチを行うことで
初めて良質な艶、輝きを放ちはじめます。

もちろん、これらは数ある作業工程の一つに過ぎず
全ての工程がコーティング処理までに欠かすことが出来ないもの。

「他社の〇〇コーティングとはどう違うんですか?」

こんなご相談をよく頂きますが、
確かに使用する溶剤の比較も重要なポイントです。

ですが、

ガラスコーティングの本質は、
”どんなコーティング溶剤を使用するか” ではなく、
適切な下地処理を施し、
”いかにコーティング溶剤の定着に最適な塗装状態に仕上げていくか” にあると考えます。

塗装表面をより平滑に、より美しく、より艶やかに。
こうして仕上がった塗装面に、リボルトグループ独自開発の高濃度溶剤、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」が加わることで
一層の深みある硬質な艶が生まれていくのです。

290911-13.jpg

■特集記事【あなたは本物のガラスコーティングを知ってますか?】
”完全硬化型” ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」


プレミアムカーの名にふさわしい完成したその姿を、
真っ先に眺めることが出来るのが、この仕事の特権でしょうか。

他を圧倒する美しさを身に纏った希少なお車のみならず、
オーナー様はこのお車で北~南と日本各地にドライブされるというのですから
その豪快ぶりにも、圧倒されてしまいました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年7月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工