- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

アバルト 595

静岡市からお越しのW様

内に秘めた真っ赤な闘志。
アバルト595のご入庫、コーティング施工の紹介です。

コンパクトボディに心躍らす刺激的なフィーリング。
真っ赤に染まった姿が、また一段と高ぶる闘志を感じさせます。
今回は新車ご納車と合わせてご用命を頂きました。

まずは入念な下地処理からスタート。
新車も丁寧に磨いていきますと、
工場生産ラインでは不可能な、人の手による鏡面仕上げで、
艶・光沢が一段と高まり・・・

・・・と、

いつもであればご紹介している所ですが、、、

今回のソリッドの赤に関しては、
この言葉が相応しいでしょう!

”濃厚な深みが増す”
 

290819-10.jpg

ソリッドの赤にリボルト独自の高度下地処理技術
「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を施すことで
赤みを色濃く、刺激的なカラーへと引き上げることが可能です。

新車の塗装と言えど、
目に見えないレベルの細かい塗装表面上では、完全な平滑状態であるとは言い切れません。
数ミクロンの凸凹とした塗装面を滑らかに仕上げていけば、
光沢が増し、映りこみはクッキリとしたものへと変化していくのです。

これは、そう!
例えるならば・・・宝石のようなイメージ
でしょうか。

「光る原石」なんて言葉があるように
あのダイヤモンドも、原石は黒くて透明度もサッパリで、
私なんかでは道端に転がっている石ころと見分けがつかない程・・・。
ですが、それも幾重もの研磨工程を経て、あの光り輝く姿に変貌していきますよね。

つまり、

”濃厚な深みが増す”

というのは、
何かを加えて作り出すのではなく、
ダイヤモンドの原石がそうであるように、
”塗装自体が持っている本来の美しさを、下地処理技術で引き出している”
ということなのです。

290819-11.jpg

コーティングの定着に最適な塗装面に仕上がった後には、
高濃度ガラスコーティング溶剤「リボルト・プロ」でボディをたっぷりと包み込み、
ガラス被膜特有の自然でいて、しっとりとした硬質な艶を増し加えていきます。

施工範囲はボディ塗装面だけでなく、
グリルやピラーの一部に採用されていることが多い、
未塗装樹脂に対してもコーティング可能です。
黒くあるべき所はより黒く!と、
コントラストが高まり、良いアクセントになることかと思います。

290819-6.jpg

(さりげなく「ABARTH」のロゴになっているのが、粋な演出ですね♪)

「リボルト・プロ」コースでは、
低分子・硬化型ガラスコーティングをベースに、
さらに緻密な3次元分子ガラス骨格・ケイ素レジンを用いたトップコートによる
デュアルプロテクションを施しボディを保護致します。

このトップコート層には、
UVA帯域の紫外線を可視光線緑帯域へ変換する紫外線蛍光剤
UVB帯域の紫外線を主に吸収し熱エネルギーに変換する紫外線吸収剤
を配合しており、
ソリッドの赤の天敵とも言える紫外線からのダメージ・色褪せを軽減する効果が加わります。

272727aa.jpg

上記写真のように、
最も地表に届くUVA帯域(目に見えない)の紫外線は色褪せに影響を及ぼす帯域から
目に見える可視光線帯域へと変換されていく事となります。
赤や黄色といった原色に近いカラーには特におすすめです。

■特集記事【後悔しないコーティング選びの新基準】
待望の納車当日・・・〇〇〇との戦いはすでに始まっている


今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年7月
施工内容:
リボルト・プロカーフィルム