- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

BMW M4クーペ

静岡県藤枝市からお越しのK様

胸を熱くする圧倒的なダイナミズム
BMW・M4クーペのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

・今にも走り出しそうなフロントフェイス
・車両重量を軽減し、低重心化に貢献するカーボンファイバー製ルーフ
・秘められたパワーを実感させるクーペらしい伸びやかなシルエット

圧倒的なダイナミズムで魅了する生粋のスポーツカーであり、
止まっているその姿でさえ、
視線を奪われてしまう研ぎ澄まされたデザインには、もう言葉は必要ありませんね。

290520-4.jpg

走行距離は約1万キロ。
オーナー様は程度の良い個体を手に入れたとの事で、
さらに美しい姿へ変貌を遂げるべく、
・ボディコーティング「リボルト」コース
・窓ガラス撥水加工
・ホイールコーティング
をご用命頂きました。誠にありがとうございます。

早速、お車の状態を拝見してみますと、
過去のオーナー様、もしくは販売店様で手を加えたものらしき、
磨き跡(オーロラ)が数多く見受けられました。

290520-20.jpg

290520-22.jpg

認定中古車や良質中古車の場合、
販売店様にてボディコンディションを整えるための
磨き・ケアが店頭販売前に施されているケースがほとんどです。

正しいケアが施されていれば良いのですが、
それでも我々コーティング専門店の目からすれば、
”ベストコンディションにはもう一息!”
といった感じでしょうか。

■特集記事【コーティングの決め手は下地処理にあり】
オーロラマーク VS リボルト静岡 /動画紹介


新車はもちろん、中古車ご購入の際にはコーティング施工が特におすすめです。
良質車を早目にリフレッシュしコーティングを施せば、
ワンランクUPした車両の姿に
「新車を買ったの!?」
なんて嬉しいお声もきっと掛けられる事でしょう。

290520-21.jpg

290520-23.jpg

当店が得意とする
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」
限りある塗装の厚みを守り、最低限の磨きで
艶や光沢、塗装本来の輝きを引き出す事を目的に築き上げた施工方法です。
ソリッドブラックなどの仕上げが難しいとされる塗装色や、
今回のM4クーペのように、BMWが採用している”自己修復型”と呼ばれる
柔軟で弾力性を持つ塗装に対しても全く問題なくご対応が可能です。

この自己修復型の塗装は、
”太陽光などの熱が加わることで、高い弾力性で傷を復元させる働きがある”
と言われておりますが、新車や低走行車であっても、
細かな洗車傷が付着しているケースを数多く見てきておりますので

「魔法のように傷が復元する」
という認識とはまた少し違うのだと思います。

逆に、自己修復型塗装の作用により
他店様でのコーティングトラブルをご相談頂くことが多いでしょうか・・・。
傷が復元するという作用は、
機械による研磨を施す上でも厄介な問題が生じるからです。

磨きを入れ、一度は綺麗に見えた塗装面も、
「数日後に熱による復元作用 → そしてボディが冷えて収縮」
この繰り返しで塗装が落ちついてきた頃、
実は残っていた磨き跡がじわじわと復元されるかのように現れ、
この磨き跡の微細な線傷の影響でボディがモヤモヤした感じに見える・・・。
こういったトラブルを引き起こす心配があるんですね。

290520-11.jpg


【下地処理の仕上がりこそが最終的なコーティングクオリティに繋がる】
本当にこの言葉に尽きるかと思います。
どんなに優れたコーティング剤であっても、
まずは人の手による高いレベルでの下地作りです。
施工店選びの際には自己修復型塗装に対しても
数多くの実績がある当店にお任せ頂けますと幸いです。

さて、「リボルト」コースでの仕上げのコーティングには、
ケイ素とフッ素を主成分としたベースコート
そして紫外線吸収剤・変換剤を配合したトップコートによる2層コーティングを施しました。
下地処理で美しく仕上げたボディと、
石油系成分を一切含まず、自然な輝きを与えるリボルト独自のガラスコーティング溶剤。
圧倒的なダイナミズムにワンランクアップした上質な艶肌をプラス出来たかと思います。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございます。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年4月
施工内容:
リボルトホイールコーティング窓ガラス撥水加工