- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

マツダ ロードスターRF

静岡県裾野市からお越しのH様

何かが違うマツダ・コンパクトスポーツ
マツダ・ロードスターRFのご入庫、コーティング施工が完了致しました。

まず、ご入庫時に感じたこと。

「この色・・・イイ!!」

マツダ新色の”マシーングレープレミアムメタリック”
いざ実物を見てみると、
グレーと言うには一味違った深みある色合い。
メタリックと言うにはまるで違う映りこみ。
落ち着いた風合いの中に、見え隠れする高級感が満ち溢れていました。

そしてなんと言っても、
ロードスターRFの特徴は、この電動ルーフ。

290507-25.jpg

「トランスフォーム!」

そう叫びたくなってしまうのは私だけではないハズ・・・。

従来の幌を使ったソフトトップは、軽快な走りを連想させるイメージでしたが、
このモデルには重厚感が増した魅力があります。
オーナー様は、オープン時に残るルーフ後部が気になると仰っておりましたが、
「違い」を見せつけるには良い材料です。

肝心の塗装状態ですが、
最近のマツダ車は以前と比べ、塗装品質が格段に良くなってきている印象です。
こちらの車両におきましても、
新車でも見られていた塗装ボケが少なく、非常に良好な塗装状態でした。

唯一、気になった点としては、ソリッドブラックのルーフ部。
残念ながらこちらには大量の線傷が見られており、
新車の輝きというには、いまひとつ・・・。

290505-13.jpg

290505-14.jpg

待望のご納車となった新車ですから、
最高のボディ状態で気持ち良く乗り出したいですよね!

このルーフ部に限らず、
コーティングの定着に最適な土台作りには
塗装表面を整えることを目的とした下地処理(磨き)を行っていきます。
この際、”近年の塗装は膜膜が薄い傾向である”という点に注意しなければなりません。

290505-12.jpg

膜厚:91.6μm(ミクロン)

最適な下地作りにと、やみくもに磨くのはご法度ですし、
逆にただ塗るだけというのも、
クオリティ・耐久性を重視するハイグレードのコーティングの場合はナンセンス。
上記ルーフ部のように”新車だから塗装状態が完璧!”というワケでは決してないのです。

リボルトグループ独自の
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は、
この問題を解決する塗装に優しい研磨技術です。
最小限の磨きで塗装本来の輝きを存分に引き出すことを可能とし、
コーティングの定着に最適なボディ状態に整えていきます。

また、膜厚が少なめの塗装・車両にこそ、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」が大変効果的です。
低分子構造となる「リボルト・プロ」のガラス被膜が、緻密な塗装にたっぷりと染み渡り、
”3~4μm程のコーティング被膜を形成する”ことが出来るからです。

塗装の上にもう1枚。
ガラス被膜の肉厚な層が加わることで、艶や光沢がグッと増すことはもちろん、
汚れやダメージから塗装を保護する上でメリットが非常に高いと言えるかと思います。


さらに最終コートには、
紫外線吸収剤・紫外線変換剤を配合したトップコートによる
デュアルプロテクションで紫外線からもボディをしっかりと保護致します。

272727aa.jpg

地表に及ぼすUVA・UVB、
このどちらの波長にも対応した当店のコーティング剤は
ガラスコーティング業界では数少ない紫外線対応となっております。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございます。


■特集記事【後悔しないコーティング選びの新基準】
待望の納車当日・・・〇〇〇との戦いはすでに始まっている


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年2月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工