- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ホンダ ジェイド

静岡県藤枝市からお越しのM様

スタイリッシュな低全高フォルム
ホンダ・ジェイドのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

スライドドアや背の高いミニバンが定番となりつつある日本の車事情の中、
低い車体にスラッとしなやかに伸びるスタイルで3列シート搭載の6人乗り。
 ■ 普段は3列目を広々した荷室として活用し、低重心ならではの気持ち良い走りを。
 ■ そして時にはライフスタイルに合わせたシートアレンジで快適に。
そんなわがまままな要望にも応えてくれる車ではないかと思います。

ご入庫頂きました車両はローダウンで一段と引き締まった1台。
走行4万キロとなるボディをリフレッシュし、さらにビシっと引き締めるべく、
「リボルト・プロ」「窓ガラス撥水」「ホイールコーティング」「フィルム施工」のフルセットにてご用命を頂きました。

ホワイトパールの特徴は
なんと言っても、鮮やかな白さにプラスされた眩しいパールの発色。

「白は傷が目立たないからイイよね!」
「白はお手入れが簡単だよ!」

なんてことを耳にした事も多いかと思いますが、
油断しては・・・・いけません!!
これはあくまで、

=========================
発色の強いパール色の力で見えにくくなっているため。
=========================

その特徴ゆえ、
コーティング施工においては、
細かな洗車傷や塗装状態を”見落とし易いカラー”とも言えるのです。

290501-20.jpg

白の色合いとパールの強さで光が拡散してしまうカラーは
塗装状態の確認が難しく、直線的な光線を描く当店のLED照明が効果を発揮致します。

眩しいカラーに隠れている細かな傷、汚れ、シミ、塗装のクスミなど
通常の蛍光灯や従来型の照明では、光が膨張してしまい見落とす恐れがありますが、
直線的なLEDの光が的確に照射する事で、クッキリと浮かび上がらせる事が可能となります。

この照明下にて、
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を用いた
塗装に優しい研磨処理を施し、輝きを阻害する細かなダメージ層を取り除いていきます。

290501-21.jpg

グルグルと見られていた洗車傷・オーロラマークもスッキリすると
塗装本来の輝きが蘇り、平滑化された塗装面にはツルっとした潤いを与えることが出来るのです。


■特集記事【コーティングの決め手は下地処理にあり】
オーロラマーク VS リボルト静岡 /動画紹介


仕上げには、低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」を
たっぷりとコートし、さらなる艶と輝き、硬度と防汚性能をプラス。
”自然な質感であり、ガラス被膜特有の硬質な艶感”
ホワイトパールにピッタリの相性ではないでしょうか。

290501-12.jpg


また、ご用命を頂きましたカーフィルム施工では、
 ・リアセット  断熱スモークフィルム7%
 ・フロント2面 透明断熱フィルム
の高性能ハードコートフィルムをご選択。

コーティングでボディをリフレッシュ、さらフィルムでイメージアップ!
ビシっと引き締め、雰囲気を一新することが出来たかと思います。

290501-22.jpg

290501-23.jpg

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244


※追記
後日、お客様アンケートを頂きました。
お褒めのお言葉、誠にありがとうございます。
■お客様アンケート【素敵なお客様との出会いに感謝】
http://www.revolt-shizuoka.com/feedback/000486/

施工時期:
2017年4月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工カーフィルム