- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

マツダ CX-5

浜松市よりお越しのO様

先代より受け継いだ「鼓動感」、先代以上の「上質感」
モデルチェンジしたマツダ・CX-5のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

こちらのお車のカラーはチタニウムフラッシュマイカ。
光の加減により、茶色に見えたりシルバーに見えたりと
美しさと高級感を兼ね備えたカラーではないかと思います。

オーナー様のお話では、
当初はマツダのイメージカラーになりつつある
「ソウルレッドプレミアムメタリック」の予定だったとのこと。
いざ販売店へ行ってみると、
展示車として「チタニウムフラッシュマイカ」の車両があり”一目惚れ”
こちらのカラーにお決めになられたそうです。まさに運命の出会いですね。

モデルチェンジ後のCX-5でまず目を引くのは、大きく開いたフロントグリル。
細かくデザインされた形状にブラック塗装、そしてキリっと鋭さを増したヘッドライト。
シャープなフロントフェイスの姿にメーカーの拘りを感じるところであります。

が・・・しかし、

細かい故に汚れが溜まりやすいという欠点も・・・
新車時にこそ、細かい部分に隅々までコーティングしておくことが大切ですね。

290424-7.jpg

さて、肝心の塗装状態は展示車ということもあり、多少の小傷はありました。
塗装面をより美しく、より滑らかな肌にと、
当店の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて
塗装に優しい磨きを加えることにより、塗装表面を整えていきます。
下地処理は塗装面の見た目を美しくすることと同時に、
コーティング被膜を定着させるという意味でも大切な工程です。

最近のマツダ車は、以前の顕著に見えた塗装ボケは少なくなりましたが、
下地処理作業を施すことにより、

”新車であっても新車以上に”

ハッキリとした塗装の映り込みの鮮やかさを表現する事が出来ました。

290424-3.jpg

その後、低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」で
たっぷりと包み込むようにコートを施し、ボディをガッチリと保護、
3~4μm程の厚いガラス被膜でしっとりとした深い艶を付加致しました。

経年劣化により白濁化が進み、
外観を損ねる要因になりかねない未塗装樹脂部におきましても
「リボルト・プロ」の保護力で劣化の進行を抑制、落ち着いた黒艶を付加!
CX-5のようなSUV車には特にオススメしたいポイントであります。

■特集記事【隠し味のようなアクセント】
未塗装樹脂パーツへのコーティング


当店のコーティングは量販店では実現できなかった、
コート膜の厚さ、塗装面への保護力の強さ、クオリティを実現するため、
オリジナルの硬化型ガラスコーティング剤を採用しております。
高濃度溶剤となる「リボルト・プロ」は施工時の扱い難さは否めませんが、
施工後は他を寄せ付けない輝きを放ってくれることかと思います。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年4月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工