- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ホンダ エリシオン プレステージ

静岡市からお越しのI様

全塗装+ガラスコーティングで新車の輝きに。
ホンダ・エリシオン プレステージ のご入庫、コーティング施工のご紹介です。

こちらのお車は昨年8月頃に当店で「リボルト・プロ」「窓ガラス撥水加工」「ホイールコーティング」のフルセットにてボディリフレッシュをさせて頂きました。

つい先日、ヘッドライトユニットを新品に交換されたとの事で再度ご用命を頂き、
「ヘッドライトコーティング施工」と合わせ、前回ボディコーティング時の様子をご紹介致します。

まずはヘッドライト。

290111-11.jpg

前回ボディコーティング時も十分に綺麗な状態でありましたが
年数経過とともにコンディションは変化してきますし、やはり新品パーツはいいですね。
表面をソフトに整えたのちにコート剤をたっぷりと重ね、劣化保護に最適な紫外線吸収剤・変換剤を配合したトップコートによるデュアルプロテクションを施しております。

290111-12.jpg

そしてボディコーティング。
こちらの車両は全塗装をされており、
ビックなボディにシックなカラーリングがGOOD!

290111-7.jpg

そしてなんと言ってもご入庫時に驚いたのが、

”塗装状態の良さ”でした。

全塗装・部分塗装・補修塗装・・・
様々な再塗装車両を見てきておりますが、
我々コーティング専門店の目からすると、
磨き跡(オーロラマークについて)が散見され、塗装仕上げがあと一歩!
というケースが非常に多いのです。

しかし、今回は違いました。

”ここの塗装業者様は腕が良い!”

思わず、お客様にどちらの塗装業者様で施工されたのか尋ねてしまった程です。
(掛川市近郊にお住まいの方で塗装修理希望の方にはオススメしたいと思います)

それでも現状に満足せず、
さらにワンランク上に引き上げていくのがコーティングの醍醐味であり、
専門店である”リボルト静岡”です。

高輝度LED照明群にてボディを入念にチェックしていくと
塗装の輝きをさらに引き出すポイントが見えてきます。

290111-14.jpg

塗装業者様仕上げの粗探しのようで、正直申し訳ない所でありますが
これも最高の状態を目指すため、
口煩いお姑さんのようにキラリと目を光らせていきます。

290111-15.jpg

目には見えないレベルであっても、鏡面磨きを行い塗装表面をより平滑に。
コーティングの定着に最適な状態に整えていきます。

仕上げにはリボルトグループ独自開発となる高濃度溶剤、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」&紫外線対応トップコートによるデュアルプロテクションで保護致しました。

低分子構造の「リボルト・プロ」は緻密な塗装面とガッチリと結びつき、3~4μm程のガラス被膜を形成致します。これにより、硬度・耐久・防汚性能をボディに付加し、なんといってもガラス被膜特有のしっとりとした艶やかな輝きがたまりません。

290111-5.jpg

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。


■リボルトオリジナルステッカープレゼント中
ステッカープレゼントについてはブログをご参考下さい。
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/post:244

施工時期:
2017年1月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工