- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

マツダ CX-5

静岡市からお越しのI様

スカイアクティブ テクノロジーがもたらすワクワクするSUV
マツダ・CX-5のご入庫、コーティング施工が完了致しました。

CX-5を皮きりに進化を続けるマツダのスカイアクティブテクノロジー。
そして車に命を吹き込む鼓動デザイン。
どんな躍進を見せてくれるのか楽しみな所です。

さて、今回は納車後まもなくに施工をさせて頂き、「リボルト・プロ」「窓ガラス撥水」「ホイールコーティング」をご用命頂きました。ありがとうございます。

カラーの方はマツダ人気色、そして当店でも数多く施工実績のあります、ソウルレッドプレミアムメタリックです。
このカラーの場合は、塗装ボケがやや強い傾向ですので
まずはコーティング前の下地処理でカラーの魅力をしっかりと引き出していきます。
塗装ボケについては下記ページをご参照下さい
新車でも下地処理は必要?/新車の塗装ボケをクリアに

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて塗装表面をクリアに整えますと、見る角度や光の当たり方で違った表情を見せるソウルレッドの本領が発揮されます。
例え新車の場合であっても下地処理を施す事で、塗装表面が滑らかになり光の演出度が高まります。

塗装面が整った後は、この状態を長く保たせるため強固なガラス被膜でガッチリとガード致します。
濃度100%のガラスコーティング剤「リボルト・プロ」は完全硬化型のガラスコーティング剤です。
作業性を犠牲にし、クオリティを最優先に開発したこのリボルト・プロは「硬度・耐久性・艶・光沢」が格段に向上し、未塗装樹脂部分に対しても、しっとりとした仕上がりと保護効果を与える事が可能です。

一般的に各コーティングショップでメーカーから仕入れて使用されるコーティング剤は
多くの施工者に受け入れやすいよう溶剤メーカーにて施工のし易さや費用面など調整し販売されているものが多く存在します。
溶剤メーカーとしても性能ばかり引き上げ、結果扱いずらい物になってしまっては売れない商品となってしまうので、バランスを考えて開発されていると言っていいと思います。
これが、「リボルト・プロ」はまさにその逆。
各コーティングショップへ溶剤を提供するために作るのではなく、
扱いにくくも施工現場からの意見を集約し、性能面を引き上げた溶剤となります。
そのため施工には繊細な作業を要し、どうしてもお時間が必要になってしまう所が難点ではありますが肉厚なガラス被膜が作り出す光沢は美しいの一言に尽きると思います。

CX-5のように未塗装樹脂パーツが多く採用されているお車には
しっとりした黒みを付加し、年数の経過に伴う白濁化も軽減出来る事も魅力の一つです。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2014年7月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工