- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

フォルクスワーゲン ゴルフ

静岡県焼津市からお越しのS様

静岡県焼津市からお越しのS様
フォルクスワーゲン・ゴルフのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

輸入車の場合、遠く海を越えて輸送されるわけですから距離も時間もかかりますし、工場出荷から各販売店での整備・登録準備とご納車までの期間も長くなってしまいます。
そのため、ついてしまった汚れを落とすことを目的にご納車前に下手に磨かれてしまうケースも珍しくありません。
新車時のコーティングでは、当店の新車限定コース「リボルトライト・ノンポリッシュ」もご依頼の多い人気コースとなっておりますが、輸入車の場合は上記理由や軽度な鉄粉が付着しているケースも多いことから、下地処理を含むコーティングコースがより望ましいかと思います。

今回は下回り付近・リアゲートからリアバンパーにかけて鉄粉の影響が見てとれましたで、しっかりと除去をした後に下地処理作業へと進めていきました。
コーティング前の下準備は後々のクオリティにもつながりますので大切なポイントなんですね。

ご依頼頂きました「リボルト・プロ」コースでは
新車の場合も塗装状態を確認し、高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて下地を整え、コーティングに最適な塗装面を作り上げていきます。
その後は低分子・完全硬化型となる高濃度ガラス溶剤「リボルト・プロ」で美しく仕上げたボディをガッチリと保護し、クリア感を引き出した塗装面にガラス被膜の濡れたような、しっとり感のある光沢を増し加えます。
また、デュアルプロテクションとなる当コースのトップコート層には
・UVA帯域の紫外線を可視光線緑帯域へ変換する紫外線蛍光剤
・UVB帯域の紫外線を主に吸収し熱エネルギーに変換する紫外線吸収剤
を配合しており、紫外線を軽減する効果がございます。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2015年9月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工