- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ルノー カングー

静岡県浜松市からお越しのS様

しあわせの黄色いカングーのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

遠方からのご来店、誠にありがとうございます。
今回は完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」コースにて新車のボディをコーティング施工致しました。

黄色や赤などのカラーはソリッドカラーを採用されているケースが多いですので、
パールやメタリックの塗装と比較しますと、どうしても塗装の耐久度の面で不安に感じる方も多いかと思います。
低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」は緻密な塗装の隅々に染みわたり、ガッチリとしたガラス被膜を形成出来ることから、ソリッドカラーの塗装を保護する上でも優れた効果を発揮致します。

コーティング前の下地処理では高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にてしっかりと磨き上げ、新車のボディもより鮮やかに、より美しい姿へと作り上げていきます。
この下地処理の目的は塗装本来の輝きを最大限に引き出し、美観を高める点だけではございません。
目には見えないレベルであれ、凸凹とした細かな塗装表面を平滑化することで、被膜形成を安定させ、コーティング剤の定着度を向上させるためでもあります。
当店では、
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と
次世代型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」のコラボレーションにより、
艶・光沢を飛躍的に向上させ他を圧倒する1台に仕上げてまいります。

271211-13a.jpg

特にこちらのカングーのようにバンパーなど未塗装樹脂素材を多く採用されているお車には効果絶大です。
低分子構造となるガラス被膜が染み渡り、白く色褪せた樹脂部はより黒く、新車の場合も自然な黒艶を与えます。年数の劣化に伴う白濁化も軽減出来ますので、色褪せにお困りの方は是非一度ご相談下さいませ。ボディ全体のコントラストが高まり、グッと引き締まること間違いなしです。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2015年11月
施工内容:
リボルト・プロ窓ガラス撥水加工