- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

レクサス RX

静岡県浜松市からお越しのK様

強くエレガントな造形美
レクサス・RXのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

数あるコーティング業者の中から当店をご用命頂き誠にありがとうございます。
遠方の中お越し頂き大変感謝致します。
こちらのお車のボディカラーは高品質塗装であるレクサスのホワイトノーヴァガラスフレーク。
ご納車直後のご来店ということもありまして、状態はとても良好と言えました。

当店の上位コーティングコース「リボルト・プロ」では
新車の美しい塗装をここからもう一段階、塗装の輝きを引き上げていくのですが
レクサスのカラーは本当に綺麗なんですね。
「仕上がりが楽しみです!」とおっしゃって頂いたお客様のご期待にもしっかりとお答えするべく、
握るポリッシャーの手に力が入るというものです。

当店のコーティング作業における時間配分では下地処理が約7割、コーティング塗布が約3割ほどです。
つまり、コート剤を塗る工程よりもその前、下地処理と呼ばれるボディの塗装面をより平滑に整え、コーティングの定着に最適な土台を作り上げることに多くの時間と手間を注ぎます。
新車の場合、下地処理は必要ないのでは?
と思われるかもしれませんが、確かに当店コースでリボルトライト(新車限定ノンポリッシュ)のご用意がある通り、まずはコーティング効果を味わいたい、試してみたいという方には下地処理工程は省いたリーズナブルなコーティングがおすすめです。

しかしながら、
 『いやいや、それでは物足りない!』
 『つい見惚れしまうような艶や光沢が欲しい!』
 『耐久性のあるコーティングがいいんだ!』
この場合には必須条件となるのがやはり下地処理です。

リボルトグループ独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて下地処理を進めていけば、美しいと思っていたレクサスカラーもより一層の輝きを放ち始める程なのですから。

さらに低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」で包み込めば、
ガラス被膜特有の濃厚で硬質な艶がボディに増し加わります。
ガラスコーティングの神髄は、
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と
次世代型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」のコラボレーションにあると言っても過言ではないかと思います。

また同時に施工致しました断熱スモークフィルムも最近お問い合わせの多いオプションメニューです。
今回は可視光線透過率7%の断熱スモークフィルムを施工致しました。

280523-13a.jpg

280523-14a.jpg

280523-15a.jpg

室内のプライバシーを守り、さらに内装品を紫外線から守る。
そして断熱の強みである快適な室内空間の実現。
外気をシャットアウトしたコーティング専用の環境設備の中で施工するフィルム施工はゴミの進入を抑え、仕上がり品質も向上。コーティング同様にフィルムも施工環境がやはり大切ですね。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2016年4月
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工カーフィルム