- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

ハーレーダビッドソン ローライダー&サイドカー

静岡市からお越しのH様

相棒と一緒にどこまでも。
ハーレーダビッドソン・ローライダー&サイドカー バイクコーティングのご紹介です。

”コイツと一緒ならどこまでも行けるよ!”
車好き・バイク好きの方なら愛車のことを”相棒”と呼ぶことも多いでしょう。
今回のバイクはオーナー様とのお話の中からもそんな相棒への愛情がビシビシと伝わってくる1台でありました。

まず真っ先に目に飛び込むのはインパクトのあるサイドカー。そして色合いが美しいこのカラーです。
作業にあたっては、ワンオフで組み付けされた車体にどうアプローチしていくか・・
車両チェックに施工方法の検討からスタートしました。

今回のケースは施工性とクオリティを考えると脱着が理想です。
幸い、サイドカー乗車部はボルト4本に配線が2本、きっとボディのメンテ性も考慮して取付けされているんだな~と、職人仕事に感心しながら丁寧に取り外していきました。

脱着後は各塗装面に目立っていた小傷、くすみ、汚れ除去とパーツひとつひとつを機械作業そして手作業と進めていきます。

280912-20a.jpg

280912-22a.jpg

280912-21a.jpg

280912-23a.jpg

車の場合もそうですが、コーティングはただコート剤を塗れば良いというワケではありません。
下地となる塗装やパーツの素材に上に汚れ・不純物があれば見た目の美しさを引き出すことは出来ませんし、
当然コーティング被膜の定着・性能の発揮にも望ましくありません。

下地処理工程に約7割、コーティング工程に約3割。
当店では全作業工程の大半を下地作りに費やし、そしてようやくコーティング工程へと入っていきます。

280912-24a.jpg

バイクコーティングに使用するのは、
リボルトグループ独自開発のオリジナル溶剤、低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」です。
外装パーツはもちろんの事、エンジン、マフラー、ホイール、レンズ類、電装部品、樹脂パーツ、クロームパーツ、手の届く範囲を基準にコーティングできる箇所すべてにコートを施します。
年数経過に伴ったダメージ・汚れで隠れていた塗装面、パーツを時間をかけて磨き美しさを引き出したあとにこの「リボルト・プロ」のガラス被膜が加わった自然な深みある艶は、つい見惚れてしまうこと間違いなしです。

美しさを取り戻した相棒とともに、風を感じ走る楽しみをたっぷりと味わって頂けますと幸いです。
今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

施工時期:
2016年8月
施工内容:
バイク ガラスコーティング