- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

「新車のように乗り出したい!」 その想いにお応えしたいから

最近は軽自動車も200万円前後、
高級車ともなれば500万円~1000万円以上と
金額は様々ではありますが、いずれも高額品には変わりありません。


憧れの車はあるけど、少し予算オーバーで・・・


車両購入をご検討の際、
新車には一歩手が届かず、、、そう諦めかけていた時、

■ 走行距離が極端に少ない試乗車
■ ほぼ新車に近い状態と言える展示車
■ 登録届出はあるが未使用となる未使用車

一般的に総じて”新古車”と呼ばれる車両を
お探しになられた経験をお持ちの方は、決して少なくないかと思います。

車としては、
走行距離が少なく、登録届出も数ヶ月経過程。
ほぼ新車と言って良いような状態で、なおかつ値段もグッと安くなる。
賢いお買い物の選択肢の一つであるかと思います。


ですが、もう一つだけ。


新古車をご購入の際には、
ご一緒にご検討頂きたいことがあります。

それが、、、

ボディリフレッシュ!

”コーティング施工” です。


試乗車・展示車・未使用車・・・
低走行であっても決して避けられない問題が、

================
洗車傷や雨染みによる塗装ダメージ
================

290504-2.jpg

こればかりはどうしても新古車の宿命と言えるのです。

ディーラーや販売店の方も、「毎日綺麗にしなきゃ!」
と、頑張ってボディを拭いていたことかと思います。


ご紹介の車両は、「レクサス・RC300h」
こちらは試乗車とて扱われていたとの事。
当店の高輝度LED照明群にて、光を当てる角度や確認する位置、
ちょっとした違いですが、塗装表面をじっくりとチェックしてみますと
上の写真よりもハッキリとその影響が見てとれます。

290504-3.jpg

ボディ全体に影響が出てしまったグルグルとした拭き傷・洗車傷。
せっかくのレクサスカラーがこれでは勿体ない!
洗車傷や生活傷、クスミや染みは塗装を覆い隠すように付着してしまいます。

「輝きがない・・・」
「もっと艶が欲しい!!」

そう思い、WAXや簡易コーティング剤をそのまま上から塗り込んだとしても
その艶は一時的な物に過ぎません。
WAXに至ってはそれ自体が劣化し、汚れを引き付け、
さらにもっと艶が欲しいからまたWAXを塗って・・・また劣化して・・・。


これでは、”悪循環の繰り返し”


そもそもの原因である、
塗装を覆い隠すように付着してしまったダメージ層をクリアにすることが最も重要なのです。


当店のボディコーティング「リボルト・プロ」コースでは、
コーティングの基礎となる下地。塗装面のケアに全行程の約7割近くを費やし、
リボルトグループ独自の研磨技術である
高度下地処理技術【Revolt Adjust System】にてハイレベルクオリティにて仕上げていきます。

290504-4.jpg

塗装の膜厚には限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必要です。
最小限の磨きで、最大限のクオリティを提供出来る。
これこそが当店の高度な下地処理技術となります。

290504-6.jpg

290504-7.jpg

外からのホコリをシャットアウトする
 「室内作業」
余分な反射光を抑え、太陽光をも遮る
 「コーティング専門の遮光空間」
直線的な光で鮮明に傷を見極める
 「高輝度LED照明」

高度下地処理技術【Revolt Adjust System】はこれら要素に支えられ、
はじめて塗装本来の輝きを引き出すことが出来るワケです。

「色々なコート剤、WAXを試してみたけど綺麗にならなくて・・・」

お悩みの方は一度ボディをリセットする気持ちで、コーティング施工をご検討下さい。
下地処理後の段階で、すでにこれほどの輝きを発してくれるのですから。

290504-5.jpg

新古車のお車でありましても、

「新車のように気持ちよく乗り出したい!」

そんな想いにお応えするべく、
”新車と同然、あるいは新車以上の輝きで”
お得な新古車を最高の状態に全力で仕上げさせて頂きます。

新古車をご購入予定の方は、
是非、コーティング施工も合わせてご検討下さいませ。


 
■ ご紹介車両/レクサス・RC300h

290504-8.jpg

290504-9.jpg

290504-10.jpg

290504-11.jpg

290504-12.jpg

290504-13.jpg

トピックスのご紹介