- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

当店施工のプロ仕様窓ガラス撥水コーティングと市販品との比較

施工開始

dsc_0054.jpg
一般カーショップにて購入した市販品の撥水コーティング剤です。


1週間経ちました。

dsc_0053.jpg

いやはやこの1週間は天気予報通り!
連日大雨の1週間でした。

大雨のおかげで、撥水コーティングの比較が出来ました。
ここぞとばかりに、ワイパーは高速モードでギュンギュンやり続けました。
1週間毎日、高速モードで動かしてましたから、実質的には数ヶ月間の時間に相当するくらいだと思います。

下記画像をご覧頂ければすぐにお分かりになると思いますが、フロントガラスの半分からくっきりと撥水効果の持続に差が出ています。市販品の方はすでに撥水効果が薄れてしまい、ダラダラと流れてしまっています。当店施工のプロ仕様の方は、まだまだ撥水効果が強力で水がコロコロと流れています。

窓ガラス撥水と言えども、プロ仕様と市販品での施工では効果にかなり差があるということが分かって頂けたと思います。誤解していただくとまずいのですが、市販品が悪いというのではありません。あくまでも、当店仕様の製品と比較しての状況です。

dsc_0082.jpg

当店施工のプロ仕様窓ガラス撥水コーティングは、
フッ素を主成分とした窓ガラス専用のコート剤を使用致します。
窓ガラス用のコート剤はおおきくわけてフッ素のタイプとシリコンのタイプとで2種類に分類されるのですが、シリコンのタイプは撥水力に定評がありますが持続期間や被膜劣化時のギラつき発生などの面で難がございます。(市販品の多くはこのシリコンタイプの物が販売されています。)
その点、フッ素のタイプは持続期間も長く、当店施工のプロ仕様コート剤はワイパービビリなどの影響も低いものとなります。

窓ガラス撥水効果で雨の日の視界をクリアにする目的だけでなく、ガラス面への汚れ・雨染み・水染み(イオンデポジット)に対しても高い保護効果で、長期間窓ガラスを綺麗に保つことが出来るお勧めのオプションメニューです。

窓ガラス撥水加工のご紹介