- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

下地処理が美しいガラス面を作り出す

ボディーと同様に窓ガラス撥水加工も下地処理が重要です。専用の機器と研磨剤を使用し、シミや油膜を除去してからのコーティングになります。

windowcoting-title5a.jpg

新車時であればガラス面は綺麗だから下地処理はいらないのでは?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
納車直後の新車の窓ガラスでありましても、まっさらな状態では決してありません。
一度ガラス面に水をかけたり、水拭きして頂くとわかりやすいのですが、ペタっとしたガラス特有のクリア感ではなく、点々とした汚れやデポジット跡が浮き上がってくるかと思います。

「市販品の窓ガラス撥水剤があまり効かない」

とお思いの方も、下地処理をした後にご使用いただくと違いが現れるかと思います。つまり、撥水加工前に行う下地処理はそれほど大切であるという事です。

1465533799.jpg
撥水加工前に、窓ガラス専用の洗浄剤・研磨剤・機材を用いた下地処理を行います。

すでに、雨染み・水染み(イオンデポジット)が多く付着している場合には別途除去料が必要になりますのでご相談下さい。

1465533821.jpg

撥水加工後は、高い撥水性能により雨天時の視界が良くなりますので、安全面の観点からもお勧めのオプションコースとなっております。

窓ガラス撥水加工のご紹介