- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

シートコーティング前のクリーニング

シートコーティング施工前にはコーティング被膜を浸透・定着させるため
シート表面についている汚れを除去します。

汚れの多くは皮膚の油脂成分が多く、
専用クリーナーを用いたクリーニングにてこれらを除去。
革・ファブリック布本来のサラっとした質感が蘇り、コーティング被膜の定着・安定性を高めます。


※クリーニングはあくまでコーティング被膜定着のための下地処理として行います。
 強い汚れの除去や本格的なシートクリーニングとは異なりますので予めご了承下さい。

301126-1.jpg


クリーニング前には油脂によりテカテカしていますが、
クリーニング後はしっとりとした革本来の質感に戻ります。

また、シートコーティング剤は革・ファブリックの繊維そのものに浸透し
汚れや衣服の擦れに対する保護効果が付与されます。
そのため、コーティング剤の浸透を阻害する成分を除去し
事前にクリーンなシート状態へ仕上げておくことが重要です。

301126-2.jpg


下記写真はワークデスクの椅子でテストした様子です。
一見すると全然綺麗だったのですが、
クリーニング後は違いが明らかになりました。

301126-3.jpg

301126-4.jpg


ファブリック(布)生地にも革同様にクリーニングを行ったのち、
シートコーティングを施工致します。

301126-5.jpg

シートコーティングのご紹介