スタッフによるコーティングのうんちく

リボルト静岡店の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、気になったことを気まぐれに綴っていきます

コーティング環境・色へのこだわり

リボルト静岡ではハイクオリティなコーティングを提供するため、
店舗設備にこだわりがあり、その一つに天井の色が挙げられます。

こちらが当店のメインスペースとなる天井です。
ご覧のとおり黒一色で統一しております。

black-led1.jpg

黒という色合いは光を吸収してしまい、
明るく見せるためにコンビニや販売店さんなどでは白を使っているのが一般的ですよね。

確かに明るくする事に越した事はないのですが、ボディ状態を正確に見極めるとなると話が変わってきます。
表面の照らし方一つで見え方にハッキリと違いが現れるのです。

大容量の高輝度LED照明に加え、LEDビーム球、LED蛍光管を用いる事で
LED特有の直線的な光で効果的に照射させる訳ですが、
表面を見極める上でデメリットとなる光量があります。
それが天井からの反射光となります。

せっかく効果的に照射させていても光がぼやけてしまっては意味がありません。
そのため無駄な反射を抑える事を狙い天井は黒色を選択しております。

secom2.jpg

太陽光においても同様で日の光が邪魔をしてしまう事もありえます。
そのため側面はすべて壁で覆い、正面口については日中であってもシャッターをおろし
完全な暗室状態の中、専用LED照明のみを的確に照射させ施工する場合もございます。

それだけ光の取り入れ方には注意深く、神経質でなければ当店が求めるクオリティには到達することができません。

このような最適な照明管理の元、高度な下地処理技術【Revolt adjust system(リボルトアジャストシステム)】にて
表面の汚れ、傷、オーロラマークの除去を徹底的に行いコーティングを施します。

black-led2.jpg

数多くコーティングショップは存在しておりますが、
薄暗い照明や的確な照射をしているとは決して思えない環境下で施工をしてるお店が存在するのも事実です。
そのような環境では傷の確認などできていないのも同然です。
どんなに凄腕のベテランな職人であれ、見えないものはどうする事もできないでしょう。

ラディアス・リボルトグループでは技術、実績、経験、を元にコーティング環境に最善を尽くしております。
コーティングの施工店舗にお悩みの方は、どういった環境で作業をするのかをよく確認する事をオススメします。
リボルト静岡店では最高の環境設備でお待ちしております。

black-led3.jpg