- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

紫外線99%カットを検証

カーフィルムは色の濃さに関係なく、いずれも紫外線カット率99%以上をクリアする高性能フィルムを採用しております。
紫外線強度計を使い、紫外線量を測定した様子をご紹介します。
※紫外線量は、μW/cm2(マイクロワット)と呼ばれる単位で表します。

film280926-21a.jpg

測定モード:Hi ×10 μW/cm2
測定値  :3530マイクロワット

上記写真は測定器を直接日差しにかざし、降り注ぐ紫外線量を測定しております。

下記写真はフィルム施工個所を測定した様子です。

film280926-22a.jpg

測定モード:Lo  μW/cm2
測定値  :2マイクロワット

数値にして99.43%の紫外線量をカットしております。

人間の肌は500マイクロワット以上から日焼けが始まると言われています。
リアガラスの多くには純正プライバシーガラスやUVガラスが用いられておりますが、
紫外線を確実にカットするにはカーフィルムの存在は欠かせません。


あなたは、紫外線のピーク時期をご存知ですか?

夏真っ盛りの7月・8月?
紫外線にはUVA・UVBと波長の種類があります。この波長の違いで肌に及ぼす影響に違いはあれど、UVAは5月頃がピークを迎えるといわれており、春先の4月頃からグングン紫外線量が増えていきます。真夏の時期だけが日焼けし易いというワケではないのです。
ドライバーのお肌はもちろん、車の内装パーツも日焼けから守ってあげたいですよね。
人肌には日焼け止めクリームでSPF50・PA+++ といったUVA・UVBそれぞれに対応したケア用品があるように、車の場合もケア用品があります。


それが、カーフィルムです。


プライバシー保護やビジュアル面だけがフィルムの特徴ではありません。
当店で採用している高性能カーフィルムは紫外線カット率99%、UPF50+相当の日焼け防止効果があります。
UPFとは衣類に用いられる紫外線防止指数で、簡単に言うと、UPF50+は通常日焼けが始まる時間の50倍の時間、紫外線を浴び続けるまで同じ日焼けをしない、ということになります。
カーフィルムにお悩みの方はお気軽にご相談下さい。


■カーフィルム 施工事例
http://www.radius-revolt.com/portal/shizuoka/theme:film

カーフィルムのご紹介