bg-250506.jpg

施工後の撥水効果を動画で紹介

ガラスコーティング【リボルトプロ】の撥水効果を動画で紹介しようと思います。

施工車両の紹介はこちら
車両は1ヶ月半ほど前に「リボルト・プロ」を施工し、カーポートにて保管。
屋根はあるものの、車庫ではないため、雨風や日差しの影響も受け、
もちろん日常の使用もありますので、水アカ、汚れ、ホコリと一般的なレベルの状態と思います。

まずは汚れが付着している状態のまま水をかけ、どのくらい撥水するかを見てみます。

白いボディのため見ずらいかもしれませんが、
ホコリ・汚れを水の玉がグングン吸い込みながら流れていきます。
低分子・完全硬化型のガラス被膜は表面の汚れを浮かし易くし、水をかけるだけで驚くほど汚れが落ちていきます。
このガラス被膜【リボルトプロ】は防汚性能に非常に優れており、量販タイプのガラスコーティング剤と比べ抜群のキレを見せてくれます。


洗車の手順としましては、
まずはボディ上部から水を流し、擦る事なく可能な範囲の汚れを洗い流します。
その後、コーティング施工後にお渡し致します、専用シャンプー剤とクロスを使用しボディ全体を洗います。
この時も決してゴシゴシと力を入れてはいけません。
専用シャンプー剤は界面活性剤の力でソフトなタッチで汚れを落とす事ができます。
元々汚れがつきずらく、浮かし易い効果を持つガラス被膜に加え、専用シャンプー剤をご使用いただく事で
洗車傷の発生を最小限に抑えます。

シャンプー洗車にて汚れが落ち、ツルツルのボディ表面になった状態がこちらです。

撥水具合は水が滑り落ちていくような「滑水」です。
コーティング施工前と施工後では汚れの除去力・時間短縮、そして光沢と比べ物にならない品質に
「洗車ってこんなに簡単だった?」と思わず笑ってしまう程、驚かれると思います。


最後にボディの拭き上げとなりますが、
この時もお渡し致しますメンテナンスリキッドを使用してください。
使い方は水で硬く絞ったクロスにリキッドを数回、シュッシュシュとプッシュし
濡れたままのボディにそのまま塗りながら同時に拭き上げていく
という非常に簡単な工程で済みます。

このメンテナンスリキッドは【リボルトプロ】で使用するトップコートと酷似した分子配列構造となります。
このリキッドを使用して頂く事でトップコートの高い撥水性能をサポートし
上記動画のような撥水性能をより長く持続させることができます。
こちらはボディ、樹脂、レンズ、ゴムモール、ホイールとボディ全体に使用する事が可能です。
※窓ガラス、タイヤはご遠慮ください


また数か月経ちましたら同様に洗車時の様子を動画で紹介しようと思います。
コーティング施工をご検討中の方は、是非参考にしてみてください。

施工後の撥水効果を動画で紹介 -2-

前回の撥水テストより約1ヶ月が経過しましたので再度洗車をしてみました。
その様子をご紹介致します。

まずは状態からですが、この1ヶ月ほとんど動かしておりませんでした(笑)

が、、、

カーポートでの保管のため雨の進入が多いフロント周り、特にボンネット部に汚れが蓄積しておりました。

雨による汚れの影響を一番受けやすいのが、いわゆる「チョイ降り」な状態です。
雨が多く降っている状況であれば撥水効果により汚れを一緒に洗い流す洗浄作用が働くのですが
少量の雨ですと、どうしてもボディに留まってしまいます。
これは撥水性であれ親水性であれ違いはないかと思います。

テスト車両もカーポート内に進入してきた雨風の影響で少量の雨が付着しては汚れ、また降っては汚れを繰り返した結果、このような状態となってしまいました。

250613-1.jpg

それでは、まずはじめにセオリー通りたっぷりと水をかけてボディを流していきます。
施工直後の撥水効果を紹介するショップ様は数多くありますが、
今回のように汚れている状態を紹介する所はあまり見られないかと思います。
当店のガラスコーティング「リボルト・プロ」は自信を持ってオススメできる次世代型のコーティング剤となりますので、余すところなくお見せしていきたいと思います。

上記動画ですと、軽度な汚れの側面は水を流しただけで吸着し落とせておりますが、ボンネットの雨と乾きでたまってしまった部分は流れを遮ってしまい、水をかけただけでは落とせない様子が見れると思います。これでコーティング効果あるの?と心配に思う方もいるかもしれませんがご安心下さい。

次に施工後にお渡しします専用シャンプー剤を使い洗車をしていきます。

250613-2.jpg

どんなコーティングを施したとしてもボディへの汚れの付着は免れません。
重要なのはコーティング効果で簡単に汚れが落ち、そして施工直後のような艶のある状態をいかに長く保てるか、という事です。
洗車後の水切れ、汚れが落ちたあとの撥水性、しっかりとコーティング効果が持続し見事に艶やかなボディに戻っている様子をご覧下さい。

力は入れず軽く洗っただけですがこの洗浄力です。

水シミ、傷もごらんの通り全く影響はありませんね。

見た目も大事なコーティング効果ですが、洗車をして頂くとその手軽さゆえ再度コーティングの恩恵に驚かれる事かと思います。

250613-3.jpg

濃度100%の低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」は優れた防汚性能により汚れが付きにくく、また付いてしまった場合も簡単に落ちやすくなります。
ガラス被膜により汚れが浮きやすくなっていますので、
撫でるようにシャンプー洗いをして頂ければ施工直後のような艶やかなボディに戻ります。

一部のお店でコーティング後は水洗いだけでOKです。と説明している所もあるそうですが、
当店の専用シャンプー剤は界面活性剤の成分が多く含まれており、この効果で汚れの浮き易さをさらに増幅させます。
洗車の回数と共に洗車キズの影響も増えてしまいます。
この影響を最小限に抑えるためにもシャンプー剤を必ず使用しソフトなタッチで洗車をするよう心掛けて下さい。


白いボディのため動画が見えずらくなってしまったのが残念ですが、また経過しましたらご紹介したいと思います。
撥水効果のサンプル動画について一点付け加えさせて頂きますが、
撥水のし易さは水の量に比例致します。
テストで使用している水量は家庭でご使用されるものと同等で
ホースリールにシャワーを取り付けた物となり、よく見かける一般的な洗車方法となります。

250613-4.jpg

施工後の撥水効果を動画で紹介 -3-

今回は撥水効果検証の第3弾です。
リボルトプロ施工後、月1ペースで洗車を行い3回目の洗車を迎えました。

数多くのコーティング剤が出回っておりますが、
実際どのくらい撥水するのか・・・やはりコレが一番気になる所かと思いますので
少しでもお伝えできればと思います。

今回の検証のポイントは前回申し上げました撥水力は水の量と比例するという事です。
正確には撥水効果の見え方は水量が多い方がよく見える。という事ですね。

様々なコーティングショップ様のホームページでも同様の撥水効果の映像を目にする事があるかと思いますが、どれも水量がバラバラでしっかりとした比較が難しいと言えます。
今までご紹介した時の水量は家庭用のホースリールにシャワーノズルを取り付けた
ごく一般的な洗車方法にて行っており、水量は決して多いとは言えない状態です。

そこで今回は水量が多ければ多いほど高い撥水力を実感できるという点に的を絞って動画を撮ってみました。

リボルトプロ施工車(洗車済)にバケツで一気に水をかけてみます。
どんな姿を見せてくれるのでしょうか。

この水のキレ!清々しいですね。
普段あまりこういった事はしないので、角度を変えてもう一度!

リボルトプロが備えている撥水力・防汚力もさることながら、
このキレを実現できるのはコーティングの定着に最適な下地処理があってこそです。
高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は最小限の磨きで最大限の美しさを引き出す技術です。
汚れや傷だけでなく塗装表面の非常に細かな凹凸を平滑化する事で、リボルトプロの性能を最大限発揮する事が可能となります。

高度下地処理技術と低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルトプロ」は最高の組み合わせと言えるのではないでしょうか。

次回はまた別の角度から効果の程をご紹介できればと思います。

top251213-12.jpg