施工ギャラリー

静岡市からお越しのK様

車名:
ホンダ CR-Z
施工内容:
リボルトプロ,窓ガラス撥水加工
280915-2.jpg

年式アップしたかのように蘇る姿もまたコーティングの醍醐味。
ホンダ・CR-Zのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

あなたのコーティングを選ぶ基準は何ですか?
 ・ボディを保護するため
 ・輝く艶感がほしいから
 ・気持ちいい撥水力を味わいたい
コーティングに求めるものは人それぞれちょっとした違いがあるかと思います。
共通として言えるのは、愛車を大切にしたいから。これに尽きるのではないでしょうか。

今回ご依頼頂きましたオーナー様は中古車としてご購入をされ、
少しでも新車に近づけたいとご相談を頂きました。
ボディ保護・艶・撥水効果・・・そして可能ならば、

あの時のように、
また新車の気分に、
ボディのリフレッシュに、

そうです。
ダメージが蓄積してしまったボディ面を美しく磨き上げ、
車を生き生きとした姿に蘇らせる。これもまたコーティングの醍醐味であります。

塗装パネルを膜厚計で計測し、ダメージレベルにあわせて注意深く下地処理を行うわけですが、
中~重度に近いダメージが見られていた天井パネル面は既存の塗装の厚みを考慮しつつ、艶を引き出していく必要がありました。
むやみに痛みを取り除いていけば、ゆくゆくは塗装自体の耐久を損ねてしまう心配があります。
膜厚計の数値を参考にアプローチしていく中、最終的に頼りになるのは自身の経験と技術です。
仕上がった時のトータルバランスをイメージし、1パネルずつじっくりと仕上げていきます。

コーティング施工にあたり、
どうしてもお時間を頂きたいのは、お客様のご期待にお答えしたいから。
全てがまったく同じ状態の車両ではないのがコーティング施工の難しい所ですね。

高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」と、
低分子・完全硬化型ガラスコーティング「リボルト・プロ」の組み合わせで、
美しさを取り戻した愛車の姿にオーナー様もお喜び頂けたご様子で安心しました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。