施工ギャラリー

静岡県磐田市からお越しのA様

車名:
BMW 420i
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工,カーフィルム
280427-14.jpg

速さをまとった、美しき存在
BMW・420iのご入庫、コーティング施工のご紹介です。

ボディコーティング「リボルト・プロ」「窓ガラス撥水加工」「ホイールコーティング」「フィルム施工」のフルセットにて新車のご購入に合わせてご用命を頂きました。遠方の中、誠にありがとうございます。

輸入車の場合、遠く海を越えて輸送されるわけですから距離も時間もかかりますし、工場出荷から各販売店での整備・登録準備とご納車までの期間も長くなってしまいます。
場合によっては天井まわりに薄らと固着気味の染みが・・・なんてこともございますが、
今回は下回り付近を中心に鉄粉の影響が若干見られた程度。
初期の洗浄でしっかりと除去をした後に下地処理作業へと進めていきました。
コーティング前の下準備は後々のクオリティにもつながりますので、ひとつひとつが大切なポイントなんですね。

そしてBMWのホワイトと言えば、硬質で澄んだソリッドカラー。
当店の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で塗装表面をより平滑に。
鏡面仕上げに整ったアルピンホワイトのなんともツルっとした映り込みは格別です。

最高の状態となった塗装面には、高い防汚性能とさらなる艶・光沢を付加させるため
ラディアス・リボルトグループ独自の低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」でガッチリとコートを施します。

280427-14.jpg

低分子構造となるこのガラスコーティング剤はポリシラザン・シロキサン・シランを主成分とした従来型のコート剤とは異なる次世代型のガラスコーティング剤です。
低分子の構造体は緻密に配列化され強く、硬く、厚いガラス被膜を形成します。
ガラス被膜特有の硬質感が生み出す澄んだ光沢はアルピンホワイトカラーをワンランク引き上げてくれること間違いなしです。
高濃度な溶剤のため繊細な取扱いを要し施工にはお時間が必要となりますが、リボルトプロ施工後の車両は他を圧倒する輝きを放ちます。

フィルム施工においては、
リアセットにスモーク断熱フィルム7%、フロントドアには透明断熱フィルムをご選択。
プライバシー保護や内装品を紫外線から保護。
さらにはクリアな視界で太陽エネルギーの中の赤外線を大幅にカットし快適な車内環境を実現。
断熱フィルムは当店おすすめのオプションメニューです。

280427-15.jpg

280427-16.jpg

フィルム施工後、気になるフロントドアの可視光線透過率は・・・

280427-17.jpg

透過率:「73.8%」

施工前の透過率が約74~75%前後でしたので約1%のダウンではありますが、
車検基準(70%以上)もしっかりと確保出来ております。
当店では2ユニット式の可視光線透過率測定器を導入しており、周囲の明るさとは無関係に精度の高い測定が可能です。
”数値で確認し確実に”
車検基準にご不安な方にもご安心して頂けますよう努めさせて頂いております。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただきまして誠にありがとうございました。