- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト静岡

完璧と言える新車は1割~2割ほど!?

新車と言えど注意深く見なくてはいけないのもの。
その一つがモヤモヤとしたオーロラマーク(磨き跡)です。

工場生産時の修正や、納車前の洗車及び簡易研磨などで生じるもので、
間違った研磨方法や十分な照明設備が整っていないため
磨き跡を見落としてしまうのがその大きな理由であると思います。

270602-1-580ab.jpg

意外な事・・・なのかもしれませんが、年間何百台という新車を見てきておりますが、
「完璧な状態と言える新車」というのは1~2割にも満たないなというのが、私自身の経験です。
オーロラ(磨き跡)に関しては一般的な観点からすれば、メーカー基準はクリアしておりますし、
そこまで大きく目立つものではない場合も多く、細かい世界の話とも言えるでしょう。

ですが、間違いなく言えるのは、
大量生産されるメーカーの工場ラインでは塗装の最終仕上げにどうしても限界が生じます。
工場ラインから仕上がったピカピカの塗装も人の手を加え、しっかりと時間をかけて仕上げてあげる事で塗装が持っている本来の輝きを一段と引き上げる事が可能である。という事です。


※写真はホワイトボディでオーロラマーク(磨き跡)も非常に見えずらいですが、
当店の照明下ではハッキリと浮き彫りになりました。
研磨後はクッキリとした写りこみに変化します。

270602-4-580ab.jpg

270602-3-580ab.jpg


「リボルト・ライト」コース
当コースは、「リボルト・ライト(新車限定)」コースに軽度な下地処理工程をプラスし、
おおむね、新車~1年経過程度のお車に推奨のプランとなっております。
オーロラマークや軽度な染みなどがご心配の方、
軽くリフレッシュをしたいとお考えの方は、
当コースをお選び下さいませ。

リボルト・ライトのご紹介